お勧めの株主優待の銘柄特集

株主優待は企業が株主に対して自社の商品や商品券、その企業のサービスなどが受けられます。株主優待は投資家にとって大きなメリットとなります。では、どのような企業の株を持ってお得な株主優待があるのかをご紹介していきます。

商品券と投資家のイラスト

お得な株主優待の株銘柄

デフレ脱却に向けて政府と日本銀行が様々な政策を打ち立てて以降、日本の株式市場は活況を取り戻しました。そうした中、メディアも株式投資に関する記事を多く取り上げ始め、現在は様々な人が株式投資を始めています。一般的に、投資を始める理由としては、株を安く買って高く売ることにより生じるキャピタル・ゲインや、所有数に応じて支払われる配当金などのインカム・ゲインを得ることが目的と言えます。しかし、一定数の株式を保有することで、企業から商品・サービスをもらうことができる株主優待も注目されています。特にお得な優待としては、生活必需品に関する銘柄と言えます。最近は円安の影響によって生活必需品の価格が高い傾向にあり、食費の管理に頭を悩ませている家庭も多いはずです。そのため、この優待制度を上手に利用することで、お米や油類、野菜や肉類など無料で入手することが出来ます。次に、映画や音楽コンサートに足しげく通っている人は、エンターテイメント関連の優待制度を利用すると良いでしょう。音楽関連企業の中には、株主総会当日に所属するアーティストやバンドが特別な演奏を披露する会社もあります。投資を行いつつ、特別な催し物も楽しむことができ、一挙両得と言えます。また、航空機や長距離の電車を利用する人には、運輸銘柄も狙い目です。並行してクレジットカードを利用している人には、マイルが貯まる倍率も一般より高めに設定されますし、系列会社の百貨店での買い物やホテルでの宿泊などでは大きなディスカウントを受けることが出来ます。優待として商品券や割引券を受取ることが出来れば、さらにお得感が増します。ただし、優待で重要なことは保有株式自体で損失を出さないという点です。そのため、優待が魅力的でも将来性のない企業には投資を控えた方が無難です。

株主優待をお得にもらう方法とは

株主優待は株取引をする上で大きな楽しみの一つでもありますが、優待を貰う権利を獲得すると株価が大きく下落してしまうことも多いものです。そのため、できるだけ損をせずにお得に手に入れることができる方法がないかと思っている人もいるかも知れませんが、信用取引を使ったノーリスクの優待獲得法が有ります。これは権利を獲得できる日の直前に、同数量の買いと売りのポジションを持つことで値下がりのリスクがなく優待を手に入れることができます。優待の権利は現物株でしか得ることができないので、現物の買い注文を出しそれと同数の空売りをします。空売りというのは保有していない株を証券会社から借りて売ることができる仕組みであり、通常は値が上がれば利益が出ますが空売りの場合には値が下がると利益が出ることになります。買いと売りを両方同じ値段でポジションを保有すれば、値が上がれば現物の分利益が出て空売りの分損失が出るので差し引きは0になります。逆に下落した場合、現物でマイナスがでても空売りでプラスになるのでやはり差し引きは0になります。つまりどれだけ値が動いても、損益は発生することがないので株主優待の権利を獲得した後に大きく下落をすることがあっても、空売りの分でそのマイナスを相殺することができるため損失は発生しないという事になるのです。注意が必要な点としては制度信用取引と呼ばれる方法で空売りをした場合、逆日歩とよばれるコストが発生することが有り場合によっては何万円、何十万円という損失を出してしまう可能性があるので空売りをする場合には一般信用取引とよばれるものを利用しましょう。そうすることで売買手数料とわずかな金利で、株主優待をお得にもらうことができるのです。

株主優待と配当金の違い

個人投資家が特定の上場企業の株主になると、配当金と株主優待を受けることが可能になってきます。しかし、株主優待はすべての上場企業で実施をされている訳ではなく、全体の3分の1程度の企業で行われている特徴があります。それに対して、配当金は一部の新興企業や業績が不振の企業を除いて、ほとんどの企業で実施をされている特徴があります。上場企業では、1年に1回または2回の配当金を出すところが多くなっています。また、株主優待も同様に年に1回ないし2回、行われることが多いです。しかし、両者の内容や位置付けには大きな違いが出ています。まず配当金は企業が収益を上げた一部を株主に還元する意味合いがあります。そのため、配当金は企業の業績に連動して増加したり、減少をするようになっています。また、企業ごとに配当性向が決まっており、配当性向が高い企業では配当利回りが高くなる傾向が出ています。次に株主優待は個人だけに実施をしていて、自社製品や店舗で使える食事券などを個人に送ることで自社のファンを増やす目的を持っています。その結果として、個人株主の数を増やすことができ、企業の経営の安定性を増すことができています。このような目的があるために、優待の内容は業績が変動しても変更がないことが多くなっています。また、近年においては長く株式を保有しているほどに、優待の内容が充実する制度を設けるところが増えています。3年や5年といった長期保有をすることで、優待内容が2倍や3倍になったりする場合が出ています。このような長期優遇制度を設けることで、安定的に個人に保有をしてもらうことが実現できています。個人にとっては、長期で保有することで優待を含めた配当利回りが上昇することが期待できるメリットが生まれています。