株主優待は企業が株主に対して自社の商品や商品券、その企業のサービスなどが受けられます。株主優待は投資家にとって大きなメリットとなります。では、どのような企業の株を持ってお得な株主優待があるのかをご紹介していきます。

商品券と投資家のイラスト

高評価の株価とIRカレンダーで決算日確認

企業の業績が良く、将来性もあり、アナリストの投資基準も高評価でありながら、株価が上がらないことがあります。
株価が上がらない理由としては一日の出来高が少ないため、売買が成立しにくいことが挙げられます。
短期保有の投資家は、いくつかの銘柄を短期に売買したいので、出来高の少ない銘柄ですと、売買がすぐに成立しないことがあるため、人気がありません。
大口の投資家は、出来高が少ないということは、売り注文も少なく、大口の買い注文をしてしまうと、株価が急激に上昇するため、購入するのに慎重になります。
投機筋が仕掛け買いをするか、大規模な企業買収があれば、多くの投資家の注目が集まり、出来高が上がりますが、いつ起こるかわからないので、大きな期待は持てません。
ただ、企業の決算日前後になると、通常より出来高が多くなる傾向があり、出来高のトレンドが変化することがあります。
特に期末の決算発表では、多くの企業が決算発表と同時に業績予想や中期的な三ヶ年計画などを発表したり、報道陣向けの決算発表会を行うので、経済関連の報道などで取り上げてもらう機会があります。
経済関連の報道によって、投資家の関心が集まれば、出来高が高くなり、株価が上昇しやすくなります。また、出来高ランキングや株価上昇率ランキングに入ることがあれば、短期投資家が注目し、一段と出来高が高くなることがあります。
企業の業績が良く、将来性もあり、アナリストの投資基準も高評価でありながら、株価が上がらない銘柄があれば、企業のIRカレンダーで決算日を調べて、決算日前に保有してみるのも良いかもしれませんが、出来高のトレンドが必ず変化するとは限らないので、期待を持ち過ぎない方が良いでしょう。