株主優待は企業が株主に対して自社の商品や商品券、その企業のサービスなどが受けられます。株主優待は投資家にとって大きなメリットとなります。では、どのような企業の株を持ってお得な株主優待があるのかをご紹介していきます。

商品券と投資家のイラスト

AIGの動向|株主の権利

AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州を本拠にしている保険会社です。130以上の国、地域で事業を展開しています。
2016年2月12日には、AIGの取締役会が普通株式の買い戻しを承認して、普通株式の増加を宣言したことが伝えられました。
取締役会長の言では、買い戻しの承認額を50億ドルまで増加、四半期配当を1株あたり0.28ドルから0.32ドルまで増加させることができた、とされています。
今後2年間で、株主に250億ドルを還元することの約束の一環を果たしたことになります。
株を買えば、その会社のオーナーになることができます。株は会社の所有権を小分けにしたものです。なので、会社の共同オーナーになります。会社の利益の中から配当金をもらえますし、株主総会に出席する権利があります。
配当は会社が稼いだ利益のなかから分けられる分け前のことです。配当は年に1~2回実施されます(会社によって異なる)。3月決算の会社だと、6月末あたりに支払われるのが一般的です。
株主総会は基本的に年に1回行われます。会社のオーナー会議のようなもので、会社の最高意思決定会議です。開催時期については3月決算の会社は5月ごろに決算発表が行われた後に、6月後半に総会が開かれることが多いです。
最近では食事やお土産がついたり、家族で出席できるなどという特典が用意されていることが多くなっています。これを目当てに出席してくる人も増えています。
5万円以下でも買えるところもあるので、気になったところに投資してみると良いでしょう。利益が上がらないと配当金は受け取れないので、ちゃんと利益を出してくれそうな会社を選ぶようにしましょう。